髭剃りをすると濃くなるってウソなの?髭が濃くなる原因について

髭剃りをすると髭が濃くなると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

確かに髭を剃ったり整えたりすることによって、再び生えてきた時に濃くなったと感じる場合があります。

 

しかし、医学的な根拠が確認できないため髭が濃くなる原因とは断言できません。

 

髭が濃くなってしまう原因として、男性ホルモンの影響が考えられます。

 

男性ホルモンと髭の濃さには密接な関係があります。

 

男性ホルモンが活発になっている時に影響が出やすいとされていますので、男性としての体作りが本格的に行われるようになる第二次成長期に発生しやすいといわれています。

 

男性としての体作りの他にも、ストレスを感じてしまうことによって男性ホルモンの分泌が活発になります。

 

仕事のしすぎによって体はストレスを感じますと、体を守るために髭を濃くします。ストレスを解消するためにも、適度に体を動かしてリフレッシュをする必要があります。

 

また、剃り方によっては肌を傷つけてしまう場合もありますので注意が必要になります。

 

正しい剃り方をする場合には問題ありませんが、肌を頻繁に傷つけている場合には肌を守ろうという体の防衛反応が活発になり、濃くなる原因を作ってしまうことになります。

 

剃ることによって肌はダメージを受けていますので、体質的に濃い方や敏感肌の方は髭脱毛を選択することをおすすめします。

 

脱毛をすることによってカミソリやシェーバーなどの刺激から肌を守ることのメリットがありますし、手入れをする手間を省くことができます。

 

濃くなる原因としては男性ホルモンの他にも、剃り方も関係していますので注意が必要になります。

 

また、生活習慣も密接に関わってきますので暴飲暴食を控え、タバコを多く吸う方は量を押させる必要があります。

 

男性ホルモンが活発になるのは体を守るためでもありますので、規則正しい生活を心がけて毎日の健康を維持しましょう。

 

体に老廃物がたまりますと、濃くなる原因を作ることになります。