髭脱毛後に起こる埋没毛はどうする?適切な処理方法について

自分で髭脱毛を行っていると、いつの間にか埋没毛ができてしまうことがあります。これは途中で切れてしまったり、皮膚が厚くなって表面に出てこられなくなることで起こる現象であり、もっとも良い方法は自然に出てくるのを待つことだといわれています。

 

しかし、埋没毛はとても目立つものですし、顔にあれば人目も気になります。

 

埋没毛の処理方法としては、やはり専門家に任せるのが一番です。

 

ただし、現在主流となっている光脱毛やレーザー脱毛では処理が行えない可能性が高いので、以前からあるニードル脱毛を利用することをオススメします。

 

ニードル脱毛の場合、毛穴一つ一つに処理を施していく方法ですので時間がかかりますが、その分効果は高くなります。

 

微弱な電流を流すことで毛包や毛根を死滅させ、再生をストップさせます。

 

どこに埋没毛があるかが分かれば、たとえ皮膚の下に埋もれていても処理自体は行えますので、少し痛みの強い方法ではありますが、ニードル脱毛を試してみるべきです。

 

処理を行って髭の活動自体がストップすれば、あとは肌細胞の生まれ変わりが繰り返されることで自然に上の方に出てきます。

 

毛穴から上手く一部でも出てくればスルリと抜くことができますので、それを待つだけです。

 

本来なら埋没毛を作らないようにすることがとても重要なのですが、男性の髭が生えている部分は長年の自己処理によって皮膚が硬くて厚い状態になっていることも少なくありませんので、誰でもリスクは持っています。

 

ですから、できてしまうこと自体は仕方がないとしても、それを無理矢理取り出そうとするのではなくて、処理を専門家に任せることが大切です。

 

万が一無理矢理引き抜く時に皮膚に傷をつけてしまうと、そこからばい菌が入って炎症を起こしたり、その炎症が治まらない間に外的刺激を受けることでメラニン色素の生成量が増えてシミや色素沈着ができてしまうこともありますので、新たな肌トラブルを回避するために施術が必要です。