髭脱毛の種類とそれぞれの期間について

髭を根元から処理して、自己処理の手間を省いたり見た目を良くしてくれる髭脱毛ですが、その種類には3つがあります。

 

電気針脱毛

ひとつは「電気針脱毛」です。「ニードル脱毛」とも呼ばれ、大手の脱毛クリニックも多く採用しているなど、メジャーな方法となっています。

絶縁針を毛穴に刺し込み、電気を流すことによって毛乳頭という毛を生みだす細胞を破壊するので、永久に毛が生えてこなくなります。資格をもつエステティシャンによって行われ、1本1本処理してゆくので、時間がかかるというデメリットがあります。また、痛みを伴うので、気合と根性で耐える必要があります。

レーザー脱毛

もっともポピュラーな方法なのが「レーザー脱毛」です。

レーザーを広範囲に照射して、毛根を仮死状態にして脱毛する方法です。広く照射できるので、時間が短くて済むという利点があります。

医療用のものは非常に強力ではありますが、皮膚科専門医の下でしか使用できないので、エステティッククリニックで使用されるものは強度が劣ります。

また、強度にもよりますが、電気針脱毛並みの痛みを伴うことがあります。

また、電気針と違い、強い毛根によってはまた毛が生えてくる場合があります。

 

光脱毛

その他には「光脱毛」というものがあります。この方法の一番の特徴は、光を当てるだけなので痛みが無いことです。光の波長がレーザーと異なるため、肌にも優しかったりします。ただ、強度が弱いため、脱毛力という点では、電気針やレーザーには劣ります。

医療用でない出力の弱いレーザー脱毛がこちらに分類されることもあります。

 

脱毛の期間はどれくらい?

それぞれの脱毛の期間ですが、光脱毛とレーザー脱毛は、途中手入れが楽になったりすることもありますが、完全に抜けるまでは1年から2年以上を見ておいた方が良いでしょう。

また、強さによっては再び生えてくる可能性があります。

電気針脱毛は、レーザーと光より早いですが、毛の周期に左右されるので、完璧に終えるには1年以上かかります。