髭脱毛を受けている時にやっておきたいケア方法と注意点

髭脱毛はメリットが豊富ですが、さまざまなデメリットも抱えています。
肌トラブルで痛みが出たり、炎症を起こすということもあるので、スキンケアなどとは無縁な男性でも肌のお手入れをしましょう。
また深刻な肌トラブルが出たらすぐに病院へ相談できるよう、病院機関にいつでも行ける準備を整えておくことも重要です。

髭脱毛直後のアフターケアについて

髭脱毛を受けた直後の肌は大変デリケートな状態です。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛によってバリア機能は失われており、普段なら何の問題もない刺激であっても、肌トラブルの原因となります。
軽い火傷を負っているような状態なので、クールダウンは意識的に行いましょう。
冷やしタオルや保冷剤などを使って冷やしますが、冷やしすぎないことも大切です。
当日は肌を暖めるような行動を避ける必要があるため、お風呂ではなく軽いシャワーで済ませましょう。
美容液や乳液で保湿力を高め、水分を補うことも大切です。
ニキビリスクが普段よりも高まっているため、むやみに顔に触れないのは基本です。
指にはさまざまな常在菌が潜んでおり、その中にはニキビなどの肌トラブルを引き起こす悪い菌も含まれています。
肌を洗いすぎることでバリア機能はより弱まってしまうことも注意です。

日焼け止めは必須です!

髭脱毛を受けている期間は、日焼け止めを習慣づけましょう。
暑い夏の日には当然、日焼け止めを使用し、また日焼けするような事も避けましょう。
夏の海水浴やキャンプ、外でのスポーツなどは、髭脱毛のためにお休みすることも大切です。
髭脱毛はその効果を引き出すため、フラッシュやレーザーの出力が高めに設定されています。
受けた直後は火傷しているものとし、これ以上日焼けしないようなケアを行いましょう。
実は夏以外でも、日光からの紫外線は意外なほど多く届いています。
秋や冬でも、髭脱毛中は紫外線対策を行いましょう。

皮膚トラブルには慎重になろう

上記のスキンケアを日常的に行ったとしても、どうしても皮膚トラブルが発生することがあります。
通っているサロンやクリニックでは、もしものトラブルに対応するための方法が用意されているはずです。
病院について紹介してもらったり、クリニック系のサロンならば脱毛から診察、治療まで行ってくれます。

全ての方に皮膚トラブルが発生するわけではありませんが、備えは必要です。
普段病院に通わない人でも、保険証の用意は忘れずに行っておきましょう。
髭脱毛中は油断しないことが大切です。