髭脱毛の種類と特徴について

朝の髭剃りが面倒で何とかしたいと思ってる方におすすめなのが髭脱毛です。

 

髭脱毛にも色々な種類がありますが、短期間で施術を終えたい場合にはレーザー脱毛がオススメです。

 

顔は痛みを感じやすい部分ですので髭に対して行う場合には不安があるかもしれませんが、レーザー脱毛が行われるのはクリニックなどの医療機関ですので麻酔を使用することができます。

 

レーザー脱毛の最大の特徴は出力の強さであり、これは医療機関だからこそ実現できることです。毛包や毛母細胞への働きかけが強力ですので、少ない回数でもツルツルの状態を作ることができます。

 

髭脱毛の場合、自然な感じで多少生えている程度までで施術を終える人も多いのですが、そのようなレベルなら期間もあまりかかりません。もちろんツルツルにすることもできますので、自分の目的に合わせた使い方ができます。

 

 

もう一つ、サロンで行われている光脱毛も今人気のある方法です。

 

照射される光が無駄毛の黒いメラニン色素に反応して吸収され、それが毛包や毛母細胞にダメージを与えるという点ではレーザー脱毛と同じような仕組みですが、照射される光の出力は抑え目ですので少し多めの回数が必要となります。

 

ただし、肌に優しい光が特徴ですので、受ける刺激は小さくて痛みをあまり感じません。

 

痛みに弱い人の場合には不安が大きければ最初から光脱毛を選んだ方が安心です。
光脱毛には肌トラブルを改善する効果もありますので、長年自分で髭を剃っていて毛穴が開いてしまったというケースや色素沈着が見られるケース、赤みが治まらないケースなどにオススメです。

 

照射をすると肌中のコラーゲンが増えて、水分を保持する働きが強まります。その結果、水分と油分のバランスが上手く調節されて肌細胞の働きが活性化され、ターンオーバーが順調になります。

 

この一連の働きが肌トラブルを解決しており、古い細胞がどんどん剥がれ落ちることでトラブルを含む肌細胞も順調に無くなっていきますので、キレイな肌を取り戻すことができます。

 

脱毛クリニックや脱毛サロンに行く時間や近くにない場合は、3つ目の方法として家庭用脱毛器で髭脱毛をすることも可能です。

 

家庭用脱毛器の場合、サロンと同じように光脱毛の商品もあればレーザー脱毛の商品もあります。しかし、出力を家庭用に抑えているため、クリニックやサロンで行うよりも脱毛が終わるまで時間がかかります。

 

家庭用脱毛器では、光脱毛のケノンが男性の使用例も多くて人気商品です。実際に髭脱毛を行っている方のレビューも多く掲載されています。

 

私も、朝の髭剃りが面倒だったので、ケノンを使用しましたがかなり髭が濃いためなかなか効果が出ずに諦めてしまいました。

 

髭以外の部位の脱毛に関しては毛が薄くなったり、生えてこなくなったりしたのでケノンでもしっかりとした効果はありますが、濃い髭に関してはかなり根気よく脱毛を行わないと効果はなかなかでないと思います。

 

自宅で好きな時に脱毛できるのが家庭用脱毛器のおすすめポイントですが、出力も抑えられているため毛の量や毛の濃さでは相当な時間を要すると思います。

 

髭脱毛で人気の方法は以上の3つになりますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

自分の髭の濃さやどこまでの脱毛を求めるのかなどを考慮して、どの方法で髭脱毛を行うか判断しないといけません。