髭脱毛の痛みはあるの?我慢できる程度の痛みなのか検証

髭脱毛を受ける人が、一番気になっているのはその痛みかもしれません。
濃くて太かったりすると痛いのでは、場所が場所なだけに強い痛みは勘弁してほしい、という人がほとんどです。
ゴムで弾いたような痛みだった、我慢できなくはないなんて意見もありますが、やっぱり気になってしまいますよね。
そこで、髭脱毛の痛みの強さについて調べてみました。

脱毛の痛みは本当にあった

脱毛方法にはさまざまありますが、いずれの場合も髭脱毛はやっぱり痛いみたいです。
一番痛いと言われているのがニードル脱毛であり、本当に我慢できずに施術を中断するケースも珍しくありません。
続いて痛いのがレーザー脱毛、こちらも出力の高い医療用レーザーなので、やはり激しい痛みがあるみたいです。
一方でフラッシュ脱毛も痛みがありますが、我慢できない程ではないという人が多いようです。
毛が抜け落ちるのは、施術を受けてからしばらく後になるほどなので、比較的ダメージも少なく済みます。
脱毛中にどうしても痛みに耐えられなくなった場合は、出力を調整してもらうのもおすすめです。
いずれにせよ、スタッフに相談するのが良いでしょう。

痛みのない脱毛なんてあるの?

痛みのない、都合よい脱毛があるのでしょうか?
脱毛には痛みが伴うものであり、痛みがなかったとしたらその分出力が抑えられていると考えるべきです。
つまり、効果はそれほどないということでもあるのですね。
しかし技術は日進月歩であり、最新の脱毛機器では痛みが無いのに脱毛効果はしっかり得られるタイプの機種もあるようです。
脱毛サロンなどでも導入が始まっているお店があるので、機会があればぜひ受けてみたいですね。

我慢できない場合は麻酔もアリ

どうしても脱毛の痛みに我慢ができない場合は、医師が在籍しているクリニック系の脱毛サロンであれば麻酔を受けることも可能です。
別料金となってしまい施術時間も伸びてしまいますが、遠慮せずに受けましょう。
麻酔は受けたいけれど注射は嫌だ、というケースでも大丈夫です。
笑気ガスやクリームによる麻酔でも、脱毛の痛みなら十分に消すことができます。
費用は麻酔一回あたりで数千円という程度であり、脱毛全体を考えたらこの料金なら支払う価値はあると言えますね。
ただしアレルギー体質の人は、麻酔アレルギーの可能性もあるので注意しましょう。
医師の診察を受けて、気になる場合は相談するほうが良いでしょう。

結論ですが、脱毛の痛みがあったとしても対策は十分可能です。
髭脱毛を諦める理由にはなりません。