髭脱毛はどれくらいの期間受けるべき?効果が現れるまで

髭脱毛は一度通えば良いんじゃないの?と思っている人も多いようですが、実はかなりの時間がかかるものです。
その理由にはいくつかありますが、大体どれくらいの期間が必要になるのかを知っておきましょう。
費用の高い髭脱毛ですが、脱毛完了までの期間を考えれば意外と安いと思えるかもしれません。

脱毛と毛周期の関係について

脱毛には毛周期が深く関わってきます。
すぐに効果が出るものではなく、毛周期の進み具合に合わせてゆっくり脱毛していかなければならないため、焦りは禁物なのです。
毛根の状態は、成長期、退行期、そして休止期と三つの状態を、繰り返す仕組みとなっています。
毛が生えている状態は成長期のみであり、これは全毛穴の1割程度しかありません。
つまり、見える毛のおよそ10倍の毛根が退行期あるいは休止期の状態で、毛が生えるのを待っているのです。
フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の場合は、毛根に毛が生えている状態でなければ施術できないため、全ての毛を処理する場合は何度も何度も通う必要が出てくるのです。
実際に、一度目の脱毛では一週間程度で毛が抜け落ち、効果を実感したつもりになれますが、それはほんの一瞬のことなのです。

髭脱毛の場合はおおむね2年程度

髭脱毛の場合は、1カ月に一度の施術をするとして、おおむね1年半から2年程度は通い続ける必要があります。
上記の通り、毛周期の影響を受けるために、一度で2年分の施術をしてほしいと希望したところで、無理なのです。
髭の場合は、さらに毛そのもののコシが強いという点も覚えておきましょう。
フラッシュ脱毛の場合は一度の照射だけで完全に毛が生えなくなるということはなく、何度も繰り返すことでやっと成果が現れるのです。
一方で電気針脱毛の場合は、一つの毛根を一度処置することができれば、かなり高い確率で永久脱毛となります。

脱毛方式の違いで脱毛期間はあまり変わらない

脱毛方式にはフラッシュ脱毛とレーザー脱毛、そして電気針脱毛とあります。
脱毛が終わるまでの期間には違いがあると考えるかもしれませんが、それは違うかもしれません。
確実に処置できる電気針脱毛は、永久脱毛が可能ではありますが、やはり施術そのものに時間がかかります。
技術も必要になるので、電気針脱毛ができる人の数が限られている以上、時間は必要です。

一方で効効果が現れるまで果の低いフラッシュ脱毛ですが、一度の照射範囲がとても広いために、施術にはあまり時間がかかりません。
通う回数や期間を考えれば、どんな脱毛方式であっても、大体同じくらいになると考えておきましょう。
なので脱毛方法を選ぶ場合は、その痛みの強さや料金プランなど、総合的に考えるのがおすすめです。