髭脱毛を行っているエステサロン系とクリニック系の違い

髭脱毛を行っているお店は、エステサロン系とクリニック系の2つに分けられます。
それぞれに特長があるので、どちらに通うべきか消費者判断が求められます。

医療行為はクリニック系でしか受けられない

エステサロン系とクリニック系の最大の違いは、医療機関かどうかです。
クリニック系は医療機関なので医師が常駐しており、来店ではなく来院となります。
呼び名だけの違いではなく、施術の内容にも深く関係してきます。
いわゆる永久脱毛は医療行為に分類されます。
なぜなら毛根を発毛不可能な状態までに組織を破壊する場合、それが医療行為になるからです。
医師免許のある医師の判断がなければ、注射などが出来ないのと同じで、永久脱毛も出来ないのです。
その点を知れば、エステサロン系とクリニック系との違いが見えてきます。

エステサロン系の髭脱毛

エステサロン系の髭脱毛は、上記で示した通り永久脱毛とはなりません。
実際にはフラッシュ脱毛と呼ばれる方式で、出力の弱い光を広範囲に照射していきます。
まったく脱毛できないという訳ではなく、限りなく永久脱毛に近い状態まで脱毛を進めることは可能です。
生えてこない、とまでは行かないまでも、お手入れの必要がほとんど不要になる程度まで薄くする出来る可能性があります。
エステサロン系を選ぶ最大のメリットは、痛みがそれほどないという点です。
髭脱毛は場所が場所なので痛みが強くなりがちですが、エステサロン系の痛み程度ならば耐えられるという人も多いようです。
元々髭がそこまで濃くない人は、クリニック系よりもエステサロン系の方が適しているでしょう。

クリニック系の髭脱毛

クリニック系では、永久脱毛と呼べるまで脱毛を進めることが可能です。
永久脱毛とは、施術完了後1カ月で毛の再生が20%以下の場合だと定義されていますが、その段階まで進めることが可能です。
脱毛方式は主にレーザー脱毛で、ニードル脱毛を行っているクリニックもあります。
痛みの強い施術ですが、医師がいますので麻酔を別料金で利用可能なのもポイントです。
髭は太く硬い毛質なので、しっかり脱毛効果を出したいという場合にはクリニック系がおすすめです。
一回あたりの施術料金では高くなりがちですが、効果が高いために通う回数が少なく、期間もより短く済むために総合するとエステサロン系とあまり変わらない、と言えるかもしれません。

肌トラブルがあっても医師に診察、治療してもらえる点ではクリニック系が優れています。
それぞれメリットがあるので、自分に合っている方を選びましょう。